<   2005年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ハンガリーウォーターできました!
b0013918_22105440.jpgb0013918_22112767.jpgエリザベスⅡ世を作るべく、若返りの水、ハンガリーウォーターを仕込んでたが、やっと出来上がった。が、入れたハーブやウォッカの量をメモしておらず、だいたいしか覚えてません。chio-ringo さんのレシピを参考にさせていただいたので、多分このレシピに準じてるはず。chio-ringo さんのように薄めてスプレーは、まだしてみてないので・・・原液の匂いは“薬品臭いオレンジピールの香り”がしてます。今思うと、ジュニパーベリーも入れればよかった。それにしても、若返りの水って言葉、インパクト抜群だなぁ。
[PR]
by monacom | 2005-10-31 22:27 | 手作り石けん
前田さんの講座
b0013918_16514697.jpg
昨日は前田京子さんの講座だった。小雨がちらちらのお天気。早めに着いたので、何人くらいだろうと机を数えたら、コピーが置いてある所が35。そうこうしているうちに正面にオイルのビンを並べている方が・・「前田さん?」細身の長身の女性。前田京子さんでした。文章の感じから、年齢の割にはとっても落ち着いてる方に思っていたが、全然、どっちかというと、生活感があまり出ていない若い感じです。講座を受ける方の平均年齢は・・・30代中盤ってとこでしょうか。

今回のテーマは「オリジナルレシピの作り方」。実技じゃないので、ちょっと退屈かなぁなんてかすかに思ってたんですが、15時30分開始で、はっと気がつくと、17時を過ぎてました。あっという間です。前田さんの著書「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」に載っている、p74.75の「石けんの性質を決める油脂の性状と脂肪酸の組成」とp104の「各油脂のけん化価と、それをもとに換算した苛性ソーダの量」のコピーが配られています。初バッチ時は「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」を見て作ったので、この本は一通り読み通してますが、サラッと頭の中に残ってる内容が、今回の講座でドシッと頭の中に残った感じです。しっかり復習できました。

オリジナルレシピということで、講座を受ける方達の具体的に作りたい石けんを聞いていきます。・・・・保湿は欲しいが、べタッリしない石けんとか・・・・1つで洗髪から洗顔、身体まで洗える石けん(これは私が目標としている石けん)とか・・・こしのある髪に仕上がる石けん・・・小鼻の汚れ取り石けん・・etc...このいろいろの石けんに必要なオイルを説明を加え、希望を聞きながら、比率を考えていきます。前田さんは、600という数字は割り切れやすいので、600gで作られることが多いそうです。そして、Taoさんの割合より多めの水分量。これは、マルセイユ石けんの72:28という比率から。オイル72:水分28というのを基本に考えているそうです。ちゃんと理由があったんんですね。この内容の講座は、今回で2回目なんだそうですが、前回は時間が足りなくなったそうで、心配してましたが、今回もなにやら足りなくなりそうです。

初めに泡立ちと固さの加減を決めていきます。全体の60%以上は、この固さと泡立ちのためのオイル以外にしたほうが、スキンケア目的のオイルの効能がわかるとおっしゃってました。ですので、マルセイユ石けんというのは、ほんとに最大限効能を生かす比率なんだなと思いました。そして、時々にオイルの特徴の説明が入ります。私は「石けんの性質を決める油脂の性状と脂肪酸の組成」のオレイン酸とかリノール酸とかの説明がとっても為になりました。老化肌にはパルミトレイン酸が抜群に効くそうです。マカダミアナッツです。去年作った中で、マカダミアナッツ入りはお気に入りでしたので、パルミトレイン酸が効くんですね!

いろいろ実験されてて、ココナツオイルをどのくらい入れたら、かゆかゆになるかとか、スーパーファットというのは、大さじ1くらいだし、あまり入れたもので違いはでないとかetc..。
あっという間です。もう終わりの17時30分。は~講義を聴いてこんなに時間が早く過ぎたのは始めてかも!?あと1時間くらいは欲しかったとおっしゃってました。次の講座に教室は使うので、ラウンジで質問等受けますということでしたが、家まで遠いので、そのまま帰ってきました。

これで、私のベーシック石けんができそうです。シンプルに経済的に、そしてスキンケアもできる石けん!・・・1つで全身ってのはまだまだ難しそうですが、洗顔と身体は1つの石けんでまかなえるかも!?
[PR]
by monacom | 2005-10-30 17:59 | 手作り石けん
ようかん?
b0013918_2153435.jpg緑茶インヒューズオイルの石けん。去年のより、だいぶ緑色が薄い。黄色に近い。やっぱり茶葉を粉砕するべきだった。今回はさらしあんを入れて、プリンのカラメルのように薄くレイヤーにしようと思ってた。・・・が、トレースがゆるかったらしく、元生地を入れたらみごとレイヤー崩れました。まっいいや、マーブルもどきにでもなるでしょ!
型出ししたら、これが今までで一番ようかんポイ。栗?芋?

b0013918_21533194.jpg
「No.32 茶づくし」
茶油(緑茶インフューズ) 46%
ココナツオイル 20%
パームオイル 20%
キャスターオイル 8%
シアバター 6%
精製水 34%  苛性ソーダ -15%
EO ひば プチグレン ローズウッド ローズマリー
OP さらしあん

香りは、この間買ってきた青森のひばと決めていた。あとは、気分で。出来上がってみると、ほとんどひば臭。ホームセンターの木材売り場の香り(笑)だんなは気に入ったらしい。インフューズオイルはトレース激早。約10分で出ました。寒くなってきたので、ディスカウントは15%。やはり10%よりは柔らかく、いつものように出そうとしたら、まだ柔らかでした。心配した模様は、たまたま出来たにしては、ちょっとお気に入り♪今度こんな風にやろうと思っても、出来ないんだろうな~~。さて、さて、熟成後まで、この色はもつのでしょうか?
[PR]
by monacom | 2005-10-26 22:15 | 手作り石けん
ヨーグルト解禁
b0013918_2117844.jpg「No.20 ヨーグルト石けん」
キモイ見かけの石けんだが、だんなは何も反応なし。そんなでもないのかな?っと密かにほっとする。はっきり言って、特に特徴がない石けん。ヨーグルトが少なかった?ソフトな、マイルドな感じは少しあるけど。髪の毛はふわふわに仕上がるが、少しまとまりがないかなぁ?髪の毛すっごく多いので、もう少ししっとりに仕上がるほうが好み。クレイも全体に入ってるわけではないので、よくわかりません^_^;
洗顔★★★★ 身体★★★★ 洗髪★★★  (MAXは★10)


過去最高の使用感の石けんはこれです!
[PR]
by monacom | 2005-10-23 21:20 | 手作り石けん
エリザベス、解禁しました(とっくに^^;)
b0013918_22243961.jpg「No.19 エリザベス」
解禁日2日前には、使用。もうすでに、残り1つになっています。スタンプの失敗で、小さくしちゃったからな~。この石けんは水分が少なすぎたのか、粘りがない。大きな塊の時は問題ないのだが、小さくなってくると、すぐぽろぽろと崩れるように割れる。前田さんのレシピは水分が多めなので、いつもの私の水分量で作ってしまったのがいけなかったか?それとも、ワインのアルコールが少しは影響してるのかな?泡立ちはまーまーいい感じで、洗髪にも全然問題なし。慣れるまで、香りが少し気になったが、ちょっとクセになる香りかも。洗い上がりは、スベスベ感がある。また、作りたいと思った。今度はアルコールに付ける抽出方法でやってみよう。色はあのワイン色とはほど遠いが、やわらかいカフェオレ色になってきた。
洗顔★★★★ 身体★★★★ 洗髪★★★★★ 香り★★★ (MAXは★10)


過去最高の使用感の石けんはこれです!
[PR]
by monacom | 2005-10-20 22:31 | 手作り石けん
お゛~じしん
たった今地震があった。
ここは震度4。
ついこの間の日曜も震度3があったばかり。
だんなは「このくらいのが、ちょくちょくあったほうが、大地震はこないからいいんだ」
と言うが、今日のは長めだったので、怖かったよ。
ここ1、2年、ほんとに地震が多い。
やっぱり、近いうちに大地震はやってくるのかな。
[PR]
by monacom | 2005-10-19 21:17 | ちょっとした日常
毛染め
b0013918_2244368.jpg私は、白髪がちらほら目立ってきてるお年頃・・・。石けんに興味をもった去年から、「ヘナ」で染めている。美容院のカラーリングは、日がたつと、赤くなってくるのが気にいらなくて。だからといって頻繁に染めると髪も懐も痛むし・・。タイミングよく(?)去年初めての美容院で染めた時、多分あまり慣れていない見習いの美容師さんだったんだろうけど、後頭部と額が痒くなった。後頭部は流しもれの染料が頭皮にまだついていて、それが原因で痒かったらしい。額はなんだかわからないけど、痒かった。これではと不安になり前々から気になっていた「ヘナ」で染めてみることにした。これは、ダンナに手伝ってもらうしかないなぁ~。さっそくちょっと持ち上げて^^;最初に買ってみたのはカタログハウスで売っていた日本製のヘナ。見た目はちょっと●●ぽいが、香りは抹茶みたい。夏に染めたので、良く染まった。石けんシャンプーでもほとんど落ちない。今使っているのはいまじんさんで売っているナイアードのハーブ入りのもの。見た目も染まり具合もあまり変わらないが、香りが全然ちがう。ナイアードのはちょっと土くさいかなぁ。染めるダンナはカタログハウスのほうが抹茶の香りでよかったらしい。染めた直後はサラサラになる。ガスールを混ぜると、しっかり密着して、しっとり感が加わるらしい。今度試してみよう。もう何度も染めているので、ダンナの腕もだいぶあがってきた。シメシメ(^^♪
約2ヶ月ごとに、ラップを巻いて、その上にバスタオルを巻いた頭でっかちな私が、2時間うろうろしながら石けんぐるぐるしたりしてます(#^.^#)
[PR]
by monacom | 2005-10-15 23:17 | スキンケアいろいろ
萌え~~石けん
b0013918_20475169.jpg刺激の少ないbaby用石けんを大人向けに香りを付けたもの。花系の香りと合わせてピンクのマーブルが“萌え(?)模様”になった。(かなぁ?)カルダモンは体温を上げ、リラックス効果があるそう。
「No.30 萌えbaby」
オリーブオイル 30%
アボカドオイル 20%
スィートアーモンドオイル 20%
ココナツオイル 10%
パームオイル 10%
シアバター 10%
精製水34% 苛性ソーダ-15%
EO ラベンダー フランジュパニ カルダモン

この間のマーブルがあまりにもクッキリすぎたので、もう少しぼやけたマーブルにしようとやってみたが、もやもやすぎました。無理矢理“萌え”と名づけた・・。苦し~。パーム、ココナツが10%なので、柔らかい。ブレンダー使用だったが、思ったほどトレースは早くでなかった。型入れまで約50分。一緒に作った、「baby baby」の方はもっと柔らかく、本日やっと型出し。まだ、ベタついてます。もしかしたら、密かにジェル化したのかも。
[PR]
by monacom | 2005-10-12 21:01 | 手作り石けん
インヒューズオイル
b0013918_22181449.jpg緑茶のインヒューズオイルをやっと濾した。2ヶ月くらい置いちゃった。あまり長く置くと、エキスがハーブに逆戻りするそうだ。気をつけなくては!それにしても、この、濾す作業は時間がかかる。ポッ・・タ、ポッ・・・タという落ち具合。いつも夜にセットして、放置、朝には全部濾しあがりって状態にしてる。手間はかかるが、ハーブティで作る石けんよりもオイルにエキス抽出のほうが、なぁんか好きなんだよね~♪
[PR]
by monacom | 2005-10-10 22:23 | 手作り石けん
精製水の空き容器利用
b0013918_2051249.jpg先日のアロエミルク石けんの時の型にも使った精製水の空き容器、キッチンソープにも使ってみた。これは去年、TAOさんのレシピを参考に(そのまんまですが)作って、とってもよかったので、今年も同じレシピで。
「No.31 キッチンソープ」
ココナツオイル 30%
パームオイル 56%
キャスターオイル 14%
(なぜパームとキャスターが半端な数字かは不明。メモノートに書いてある)
精製水 34% 苛性ソーダ -5%
EO レモン ハッカ油
ハードオイルがほとんどなので、難なくトレースが出る。きっと型出しもラクだろう♪


精製水の空き容器は今までもったいないな~と思いながら、捨てていた。丸い石けんの型に使えるだろうなぁと思いながら・・。失敗してもイイやと思って、アロエの時使ってみたら、まーまー成功!気を良くして、今回は苛性ソーダの空き容器も使ってみたよ。
下の部分を切って、ラップを敷いて・・・と型出しをやりやすく考えた方法があるらしいが、めんどくさい感じがしたのと、ラップの隙間から染み出てきちゃうような気がしたので、私はそのままで使った。


b0013918_2143821.jpg
白いのが苛性ソーダの空き容器。私が使っているのは不規則な固形のタイプで、容器に最後に残るのは、ほとんど粉末。これは大量の水で流せば平気だと思い、ジャージャー洗って、使ってみた。蓋式なので、切ったりしなくて使える。




b0013918_2114738.jpgb0013918_2112544.jpgb0013918_2122517.jpgb0013918_2124437.jpg精製水の容器は、上部の曲線になるあたりに、カッターをブスッっと差し込んで、ギコギコと切っていく。ラベルはできれば取っておいたほうが、後でカッターの線を入れるときやりやすいが、私のは簡単に取れないのでそのまま。念のためにワセリンを薄く塗る。上部1cmくらいを残して、石けん生地を流し込む。ラップをしてそのまま保温箱へ。容器をいろいろいじるので、なるべく硬くなってからの型出しがよいと思う。今回も冷凍庫へ約2時間くらい?適当です。冷凍庫から出してしばらくすると、結露が出て、容器と石けんの隙間もあいてくるので、ここでまたカッター登場。写真のように数箇所切れるように、容器にカッターでスジを入れます。下の石けんまで切らないように注意。上部1cmくらい空けたのでその部分はカッターで切ってもOK。その切れ目を持って下方面にグィッっと引っ張ると、スジに沿って容器が裂けるように切れます。あとはバナナのように順番にむいていくだけ。すべて切り終わったら逆さにして、石けんを傷つけないように、容器の部分を持って、底の部分をパコッとはずして出来上がり!今回、調子に乗って苛性ソーダの容器も使ったが、やはり劇物が入る容器なので、精製水の容器よりはるかに、はすかに硬く、バナナ剥き、かなり苦労した。最後はペンチで持って剥がした。あんまりオススメできないかなぁ。

b0013918_21381440.jpg容器の模様がくっきりはっきりの塊ができました!輪切りにすると、またしても“大根”に見えてしまうけど・・・。最近オープンした雑貨屋で、またまたスタンプ見っけ!小文字が欲しかったが、大文字しかなく・・でも!結局買ってしまった(^・^)
[PR]
by monacom | 2005-10-08 21:50 | 手作り石けん



手作り石鹸から始まる  プチエコ生活♪     ひらめきの手作り石けんときらめきの毎日
by monacom
カテゴリ
全体
手作り石けん
*オイルの配合表示について
*石けん作りの道具たち
スキンケアいろいろ
ゆるゆるエコ生活
ハーブアロマ漢方
ちょっとした日常
グルーミング
手作りジャムめも
about monaco
検索


(c) 2004-2010 monaco. All rights reserved.

石けんのNo.は、制作した順番で、カットや撮影の都合上ブログにアップする順番とは異なっています。
間違ってるわけぢゃないよ('◇')

当サイトに関係のない
トラックバックやコメントと判断した場合は
予告なく削除いたします。


メールはコチラ
monacosoap☆gmail.com
☆を@に変えてください


以前のyahoo mailはまだ生きてますが、迷惑メール対策のためgmailを追加しました。申し訳ございませんが迷惑メールに入りにくいようタイトルを工夫していただけると助かります。





いつものレンシュウと猫のもな
【不定期更新中】
デジイチレンシュウ風味2

旧練習ブログ


Soap:Seife:肥皂:비누:Savon:Sapone:Jabón:Sabão:мыло:zeep:σαπούνι:szappan:صابون:สบู่

以前の記事
2013年 10月
2012年 07月
2012年 05月
more...
最新のトラックバック
茶のしずくは激安&良い石鹸
from 茶のしずくが激安
良い香り
from (*^。^*)DEBU しま..
【牛ぅ】 やっぱし 【2..
from 自戒録 by hito vo..
スイカ石けん
from ゆらゆら。
【頭の上を】 スペースシ..
from 自戒録 by hito vo..
【日刊エキブロ新聞】 2..
from 自戒録 by hito vo..
【日刊エキブロ新聞】 2..
from 自戒録 by hito vo..
やったね!
from (*^。^*)DEBUしま 専科
バスソルトのプレゼント
from Amataph
話題のオリジナル家紋
from taf blog
ライフログ
タグ
(57)
(54)
(27)
(7)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧